小売業を経営したいならフランチャイズから始めよう

男性と女性

食材をおいしく提供しよう

食器

外食に訪れる顧客の多くは、食材とともに業務用食器も楽しむ傾向にあります。このため飲食店では個性豊かな業務用食器を積極的に導入する動きが強くなっています。業務用食器には汎用性のある平皿、煮物などに最適な鉢、創作料理を演出する長皿があります。費用は1枚に付き約500円から5000円までが相場です。

ブランド力を経営に活用

握手

低資金での独立開業に最適

飲食店や小売業・サービス業などの店舗で独立開業を目指す場合には、フランチャイズに加盟するのか、それとも加盟せずに独力で経営していくのかという選択肢があります。フランチャイズに加盟するとロイヤリティの支払いも発生するため収益が減ってしまうとして、それを理由に敬遠する人もいるのは事実です。しかしながらフランチャイズは知名度の高い看板を使用する権利が得られる上に、開業ノウハウや経営ノウハウが本部から提供される点でも利用価値が高いと言えます。小売業の中では特にコンビニ業界でフランチャイズ制が発達していますが、他にもブランド品等の買取を行うリサイクル業界などはフランチャイズの看板が強力な武器となる業種です。高価なブランド品の買取を任せる店は信頼性が集客の鍵を握るため、名前の知られた看板を持つことは独立経営の店舗よりもスタート時点から有利なポジションが得られるのです。このような信頼性や店舗のブランド力をゼロから築き上げるのは大変ですが、すでに実績のあるフランチャイズの傘下に入ることでそのための努力を省くことができます。小売業の場合はある程度の面積を持つ店舗と商品陳列のための設備の他に一定量の在庫も用意しなければならず、飲食店やサービス業よりも開業資金が高額になりがちです。フランチャイズの看板を利用することで宣伝広告費等が節約できますので、そうした小売業でも低資金での開業が可能になります。フランチャイズと加盟店との関係は本店と支店との関係ではなく、加盟店にはある程度の経営独立性が確保されています。知名度と信頼性を持つブランドを上手に活用することで収益を最大限に伸ばせるという点もまた、フランチャイズの大きな魅力と言えます。現在では日用雑貨から家電製品・ペットに至るまで多種多様な小売業のフランチャイズが存在しており、その中から好きな業種を選べるという楽しさも加わっているのです。

海外でのスムーズな起業

国旗

インドネシアはビジネスにおいて多種多様な可能性を秘めている地域です。インドネシアでビジネスをはじめる際にはコンサルティング会社が現地に適したビジネスを立ち上げ、法律や税制面のサポートも提供してもらうことが出来ます。

人気の法人の形態

介護

法人の形態として有名なフランチャイズは、親会社の経営のノウハウや商品力をそのまま加盟店に継承できるシステムとして有名で効果があります。コンビ二や飲食業界ではフランチャイズが有名ですが、近年では介護フランチャイズなどもでてきており、その実力差はランキングを通してわかります。